に投稿

オウンドメディアで分析が必要な理由とは?

近年さまざまな企業がオウンドメディアの運営をスタートしていますが、オウンドメディアでコンテンツを作りっぱなしにしているという企業も多いというのが実情です。オウンドメディア運営を成長させていくためには、分析が欠かせません。ここでは、オウンドメディアの分析を行うべき理由について解説をしていきます。

オウンドメディアはなぜ分析が必要?

オウンドメディアは前述したとおり、分析をしなければ効果があったのかどうかを測ることができません。分析が必要な理由は以下の通りです。

ユーザーに評価されているかどうかを確認するため

データを分析すれば、ユーザーからの評価を確かめられます。Googleアナリティクスというツールを活用することで、サイトにどれくらいの時間滞在したのか、直帰率はどれくらいだったかなどの詳細なデータを取得できます。

滞在時間が短い場合や直帰率が高い場合は、サイトの改善の余地があるため、データを参考に改善していきましょう。

勝ちパターンを見つけるため

オウンドメディアではさまざまなコンテンツを作り、情報の発信を行っていきますが、コンテンツによっては、効果が高かったものと低かったものの差が生まれるケースが多々あります。

効果が高かったコンテンツを分析して、なぜ効果が高かったのかを突き詰めることで、勝ちパターンを把握し、他のコンテンツにも応用・波及していくことができます。

評価が高いキーワードを見つけるため

オウンドメディアの分析には、どんなキーワードが高く評価されているのかを確認しましょう。

確認方法は、GRCやGoogleサーチコンソールを使って検索順位を調査することやコンテンツ別に閲覧回数や滞在時間などを調べます。

これらを調査すれば、どんなキーワード群で評価が高いのかがわかるようになります。洗い出したキーワード群では、競合が少ないかGoogleから高く評価されていると考えられるのです。

洗い出せたキーワード群でコンテンツを作成することで、上位表示を狙っていけます。
こうした蓄積した情報は、後にコンテンツを増やしオウンドメディアを育てていくうえで貴重な資産となります。

まとめ

ここまで、オウンドメディアを分析する理由について解説してきました。オウンドメディアは、ただコンテンツをやみくもに増やしていくだけでは、高い効果を得ることは難しいのが実情です。ツールなどを活用して、コンテンツごとに分析を行うことで、勝ちパターンの発見や今後コンテンツを増やしていく上でヒントになります。オウンドメディア分析が十分にできていないという人は、しっかりと分析を行い、運営するオウンドメディアを飛躍させられるようにしていきましょう。

に投稿

動画あり記事はSEO対策になるのか?埋め込む際の注意点を解説!

少し前まではサイト上に動画が掲載されていても特にSEO効果はない、といった見解が主流でした。しかし近年は検索エンジンによるスニペット(ユーザーにサイトリンクをクリックしなくてもわかるように文字や動画を表示すること)が強化され、動画タブが設けられていることが増えています。

本記事では動画を記事に埋め込むことによるSEO効果や、動画を埋め込む際の注意点について解説していきます。

動画を記事に埋め込むことによるSEO効果

動画を記事内に取り入れることによるメリットは存在します。

つまり積極的に記事内に動画を埋め込むことがSEO的に良い、ということです。

しかし直接的なSEO効果がないことは留意しておきましょう。

メリットは以下の4つです。

  • ページ滞在時間が延びる
  • ページの品質向上に繋がる
  • 被リンクや引用率が高まる
  • 動画検索からの記事への流入が見込める

動画を自社で作成している場合は極めて好都合です。

作成した動画のリンクをサイト内に埋め込み表示することで動画検索からヒットすることがあります。

また、記事内で動画を閲覧することで必然的にサイト記事の滞在時間が長くなります。

結果として検索エンジンから高評価を受けるきっかけとなり、被リンクや引用も増えて好循環に繋がります。

動画を扱う際の注意点

動画を記事内に設置する際に抑えておきたいポイントがあります。

以下の6つはできれば必ず行った方が賢明です。

  • 動画をHTMLタグでマークアップする
  • 動画サイトマップをインデックスする
  • 記事内容と合致した動画を使用
  • 動画内容をテキストで情報化
  • 高品質な動画を利用
  • YouTube動画を使う

動画をサイト上に掲載するだけで終わってしまうのはもったいないです。

動画だけではGoogleのクローラーは動画の情報を読み取ることは難しいため、親切に動画内容を教えることや、インデックスのリクエストを行う必要があります。

また動画の種類で順位付けが決まるかどうかは定かではありませんが、YouTube動画で統一しておくことで検索エンジンからも把握しやすいコンテンツになります。

ユーザーによりわかりやすくするためにも動画品質には心掛けましょう。

まとめ

本記事では動画を記事内に挿入することでSEO対策になるのかなどを解説しました。 注意点は多いですが、SEO効果が大きい施策になるため、本記事を参考にしながら慣れた上で、より良い記事作成を行っていきましょう。

に投稿

オウンドメディアでリードを獲得する方法とは?SEO対策ツールを活用!

リードとは、マーケティング用語として使われ、「Lead」は「見込み客」といった意味を表します。企業ごとに様々な定義は存在するものの、大枠は上記の「見込み客」で問題ありません。

リードを獲得するためにオウンドメディアを運用していく方法を試行錯誤する必要があります。本記事ではリード獲得のために活躍できるメディアやSEO対策ツールを使うメリットを紹介していきます。

リード獲得のために活用できるオウンドメディア

そもそもオウンドメディアとは、「自社で保有するメディア」の総称のことを指します。

自社独自のサイトを構築することができるため、自由度が高く、オリジナリティ溢れたコンテンツを手がけることができます。

リード獲得のためには検索結果で上位表示を取ることや、他の方法(SNSや外部リンク)で露出を増やす必要があります。

オウンドメディアを活用するメリット

オウンドメディアでリードを獲得するメリットは大きく分けて3つ存在します。

  • 自由度の高い情報発信
  • メディア運用の事業化が可能
  • ブランドイメージの構築が容易

順に解説します。

自由度の高い情報発信

自社で保有しているメディアのため、実質いつでも更新・作成・発信を行うことが可能です。

修正が気付き次第行えるのも利点です。公開前の入念なチェックを行うことで発信時に内容の不備が生じずに済みます。

メディア運用の事業化が可能

オウンドメディアは事業化することができます。見込み客に自社のサービスを購入・利用してもらうだけではなく、広告をコンテンツ内に貼り付けてクリックしてもらえるよう誘導することで広告料を得ることも可能です。

他社のメディアと協力することも視野に入れるとより収益化に近づくかもしれません。

ブランドイメージの構築化が容易

オウンドメディアは削除しない限り資産として残り続けます。

SNSとは違い、一過性ではないため、運用し続けることで多くの人の目に留まることになります。しかしそのためにはSEO対策が必要です。

オウンドメディアでSEO対策ツールを利用すべき

SEOツールを活用することで以下のメリットが得られます。

  • 記事の構成やキーワードをスコアリング(点数化)することが可能
  • 高水準のSEOライティングが可能
  • サイト流入キーワードやアクセス上位ページの分析
  • カスタマーサポートチームによる手厚いサポート

まずは検索上位に出なければオウンドメディアでリードの獲得に取り組む意味がありません。積極的に対策ツールを活用しましょう。

まとめ

本記事ではオウンドメディアでリードを獲得するメリットなどについて解説しました。参考にしてください。

に投稿

SEOに強いオウンドメディアとは?特徴について解説

Webマーケティングを展開する企業にとって、オウンドメディアは運用によっては強みになります。

ここでは、オウンドメディアを運用する上で大切なことと、SEOに強いオウンドメディアの育て方について解説していきます。

オウンドメディアを運用するうえで大切なこと

オウンドメディアを運用していくなかで注意すべきは、ただコンテンツを作成して掲載するだけではないという点です。

オウンドメディアを立ち上げた際に掲げた目標とするターゲットに対し、多くの流入をしてもらわなければなりません。そのためには、検索エンジンでユーザーがキーワード検索をおこない、どれだけ流入数があったか数値を追いかけていくことがとても重要です。

オウンドメディアの立ち上げ後、目的とターゲットを設定し、SEOで効果的なサイト構造に構築をしていく必要があります。

SEOに強いオウンドメディアを育てる方法

SEOに強いオウンドメディアに育てるには、いくつかポイントがあります。それぞれ解説していきます。

*狙ったキーワードでコンテンツが上位に表示される

ユーザーは検索エンジンを使って、検索をおこないますが、狙ったキーワードできちんと上位に表示されるコンテンツがSEOに強いオウンドメディアといえます。仮に今上位に表示されていても、未来永劫上位に表示されるとは限りません。

定期的に順位については、追いかけていく必要があります。

*セッション数が多い

セッション数が多いコンテンツも、SEOに強いオウンドメディアといえます。セッション数とは、ある一定期間でサイトに訪問した人数のことを指します。セッション数は、Googleアナリティクスを活用することで測ることができます。

*クリック率が高い

クリック率のことをCTRとも呼びますが、クリック率は検索結果の表示回数のなかで、どの程度の人数がサイトを訪問したのか調べることができます。

SEOで上位に表示されているにも関わらず、集客があまりできていないように感じられる時はCTRが関係している可能性があります。その場合は、Googleで検索を行った際に表示されるコンテンツのタイトルや概要について修正するなどして改善する必要があります。

まとめ

SEOに強いオウンドメディアを運営することができれば、自社にとって相当なアドバンテージになります。

オウンドメディアをSEOに強くするためには、必然的にある程度時間がかかります。

オウンドメディアの立ち上げを検討している方は、この記事を参考に、SEOに強いオウンドメディアに育てていきましょう。

に投稿

ナイルの相談室

SEO対策は、自分のwebページを検索ランキング上位にするために、とても重要な役割をもっています。

  • SEO対策とは何なのか?
  • SEO対策が検索ランキングとどのように関係しているのか?
  • ナイルの相談室で取り組んでいるSEO対策

この記事では上記3つのポイントに焦点を合わせて解説していきます。

SEO対策とは?

SEO対策のSEOとはSearch Engine Optimization(検索エンジン最適化)を意味しています。

つまり、検索エンジンであるワードを検索したときに、そのワードについて、より正確に分かりやすく書かれているwebページを作成するということになります。

このSEO対策がおこなわれているwebページを、検索エンジンのAIは良いwebページであると判断し、検索結果の上位に表示してるようになるわけです。

SEO対策と検索ランキングの関係性

検索エンジンのAIに良いwebページであると判断されたwebページは検索結果の上位に表示されます。

ここでいう良いwebページであることの定義とは、このwebページを読んだら、検索されたワードについて他のページを読まなくても理解することができるということで、つまり、この良いwebページ内には検索されたワードに関する情報が細かく説明されていて、かつ網羅的に記されているということになります。

ナイルの相談室とSEO対策

しっかりとSEO対策がなされているwebページを、誰でも作ることができるのかというと、やはりそうではなく、一定のテクニックや書き方を知っている必要があります。

では、どのようにしてSEO対策を実行すればよいのか。

ナイルの相談室では、SEO対策のコツや導入事例などの記事を閲覧することができ、その一例を紹介します。

大手保険会社がデジタルメディアの立ち上げに際してSEO対策に取り組み、検索結果の上位に表示されるようになったことが挙げられていて、10万に目標設定していた月間のページアクセス数にも早期に到達しています。

さらにアクセス数が増加したことに伴い、コンバージョンも増加していたことが記されており、ページへのアクセス数を稼ぐこと、SEO対策をすることがどのように業績に結びつくのかがよくわかります。

この他にもBtoB、BtoC、メディア、不動産、保険や教育など、さまざまな分野ごとの導入事例を紹介しており、SEO対策の方法だけではなく、SEO対策が企業や事業の成長にどのように貢献しているのかを知ることができるので、SEO対策について学ぶには相応しいメディアであるといえます。

に投稿

ferretはどんなメディアなのか?

WEBマーケティングメディアferret(フェレット)は、現在47万人以上の会員数を抱え、マーケティングのよりどころをコンセプトにマーケティングに関するさまざまな情報を提供しています。

会員登録せずに記事を閲覧することも可能ですが、会員登録を行うと100件以上の資料ダウンロード、お気に入りの記事をストックしておけるマイページ機能などの特典があります。

ferretとは

マーケティングに関する情報を記事や資料、動画などで幅広く公開しています。求人に特化した「job ferret(ジョブフェレット)」、広告サポートの「ferretメディア広告」のサービスもおこなっています。

どのような記事があるの?

主にBtoBマーケティングを行う上で必要な基礎知識やInstagramやFacebookなどのSNSでの広告運用のポイントなど、マーケティングに関する基礎編から応用編まで役立つ記事が多いです。

記事はカテゴリー別に細かく分かれているので探しやすく、自分の知りたい情報を素早く引き出すことができます。

どのような人を対象にしているの?

ferretは、これからWEBマーケティングやEC運営などを始めようとしている初心者やマーケティングする上でなかなか成果が出なかったり、課題の解決法や打開策を見出したいマーケターに向いているといえます。

マーケティングの基礎知識や成功事例、SNSへの活用方法などの情報が充実しているので、自分の知識量やお悩みに合わせた情報を得ることができます。

記事以外にはどんなコンテンツがあるの?

ferretには、お役立ち資料としてSEOやマーケディングに関する資料をダウンロードすることができます。フェレット監修のものや厳選企業の資料が約200件あり、BtoBのWEBマーケティングに関する基礎的な内容やSNSでの運用法など、有益な情報を得ることができます。

また、WEBマーケティングに関する基礎や特定のカテゴリについてピンポイントで学べる無料講座も閲覧可能です。月1回程度でオンライン講座もされており、事前の申し込みをすれば無料で視聴できます。

運営会社はどこ?

運営会社は、株式会社ベーシックです。2004年設立、東京都に本社を構えています。ferret one(フェレットワン)というWEBやLPの作成、マーケティング機能が搭載されたツールや、formrun(フォームラン)というフォーム作成やフォームの情報管理を一括で行うことができるツールの提供をおこなっています。

ferret oneは1,000社を超える企業で導入され、その中にはキリンビバレッジ株式会社やCOOKPADなどの私たちが普段目にする機会のある企業も多く利用しています。

に投稿

SEO研究所サクラサクラボ

SEO研究所サクラサクラボは、株式会社サクラサクマーケティングが運営する、SEO・コンテンツマーケティングに関するWEBメディアです。主な項目は下記5つです。

  • ブログ
  • SEO無料ツール
  • お役立ち資料
  • セミナー・イベント
  • サービス紹介
  • ラボ無料会員登録

ブログ

ブログではSEOとコンテンツマーケティングに関する記事を発信しています。主な内容としては、SEO実践に役立つ用語や方法論といった情報や、SEOやコンテンツマーケティングを外注するときの適切な会社の選び方などです。またWEB制作のためのおすすめのツールの紹介や、ハードウェアの扱い方に関する情報もあります。

SEO無料ツール

サクラサクラボのSEOツールは、無料で利用できるSEO対策とコンテンツマーケティング支援ツールです。SEO担当者が日々の業務で行うべきキーワードやサイトの分析を支援します。主な機能は以下3つです。

検索エンジン分析

自社で行ったサイト改修が検索エンジンにどのように評価されているかを相対的に判断することを可能にします。

キーワード選定のサポート

ユーザーの検索意図に答えるコンテンツ作りを支援するキーワード選定支援機能です。

競合上位表示サイトの分析

検索エンジンで上位表示されている競合サイトのコンテンツ分析を行います。

お役立ち資料

この項目では、SEO実践に役立つ体系的なレポートが掲載されています。具体的には、SEOスタートアップガイド、Googleに評価されるコンテンツの作り方ガイドなどです。

セミナー・イベント

この項目では、SEO実践に役立つセミナーやイベントの情報を扱っています。

また、無料SEO診断と題して、自サイトと競合サイトの差異を分析する無料サービスを提供しています。これを利用することで、現状の課題認識を明確にし、今後のWEBマーケティング施策に役立てることが可能です。

サービス紹介

ここでは、株式会社サクラサクマーケティングが提唱するサクラサク流SEOメソッドの特徴や、利用実績、また利用価格などの情報を閲覧できます。

ラボ無料会員登録

こちらではメールアドレスを登録し、無料会員登録をおこなうことができます。

利用価格

会社に合わせて最適なプランニングをおこなうサクラサク流SEOメソッドは、基本プランとして、月次契約のSEOコンサルティングサービスと記事作成を提供します。

総費用に関しては、サイト規模や目標によって変動しますが、初期費用は無料です。

に投稿

WEB制作相談室

株式会社ニュートラルワークスの情報発信ブログWEB制作相談室では、SEOやWordPress、WEBデザイン、マーケティングといったコンテンツ制作にまつわるトピックが公開されています。そのほかにも、Web広告やECサイト、さらに補助金や助成金に関する話題を含む、以下計9個のカテゴリーがあります。

  • Web広告
  • SEO
  • お知らせ
  • ECサイト
  • WordPress
  • マーケティング
  • 補助金・助成金
  • Webデザイン
  • 社長日記

また、各カテゴリーのページ下部に、人気記事ランキングとおすすめの記事の紹介があります。

SEO

SEOカテゴリーでは、SEOの基本的な対策からSEOテクニックまで、検索エンジンからWEBサイトへの流入を増加させるSEOに関する情報を取り扱っています。具体的には、用語の解説や便利なツールの紹介、そしてSEO対策の方法などがあります。

ほかにも、SEOに関する知識の勉強方法や予算設計の話など、実践的なトピックを多く取り扱っています。

WordPress

WordPressカテゴリーでは、WordPressの導入に関して知っておきたいメリットやデメリットなどの情報を取り扱っています。具体的には、用語の解説や便利なツール、WordPressを使用するうえで役に立つテンプレートやプラグインの紹介などです。レンタルサーバーの選び方からWordPressを使ったSEOの方法まで、実践的な内容を取り扱っています。

Webデザイン

Webデザインカテゴリーでは、Webデザインやそのテクニックに関する情報を取り扱っています。具体的には、用語の解説や方法論、そして、デザインを考えるうえで参考にできるWebメディアサイトなどの話題があります。さらに、都道府県別におすすめのWeb制作会社をピックアップして紹介する記事もあります。

また、Webデザインをするうえでおすすめのフリーフォントの紹介や、制作費用に関する話題もあり、実践的な内容となっています。

マーケティング

マーケティングカテゴリーでは、マーケティングの基礎や新しい手法の紹介など、マーケティングに関わる話題を取り扱っています。具体的には、マーケティングをするうえで便利なツールの紹介、用語の解説、方法論の解説などがあります。

Googleアナリティクスの見方、メルマガの効果的な運用方法など、実践的な内容も取り扱っています。